ソフトバンク

ソフトバンク料金プランの仕組み解説|料金見直し方法と最安プランの組み方

固定費の中でも大きなウェイトを占めているのが、スマホの月額料金です。

毎月支払う分、月に1,000円でも安くなれば、年間で12,000円ものお金が浮きます。料金プランを見直すだけで節約できるなら、やらない手はありません。

本記事では、ソフトバンクの料金プランの仕組みを解説し、月額料金を安くする方法や、自分に合った料金プランの組み方をご紹介します。

今より安くできないか知りたいソフトバンクユーザーの方は、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンク料金プランの仕組み

まずは、ソフトバンクの料金プランの仕組みから解説します。

ソフトバンクの料金プランは、以下の3つの組み合わせで成り立っています。

料金プランの仕組み

・基本料金(通話にかかる料金)
・ウェブ使用料(一律300円/月)
・データ通信料(インターネット使用にかかる料金)

「上記3つの合計」-「割引キャンペーン」=「月額料金」になります。

これに機種代金を加えたものが、月々の支払い金額ということですね。

詳しい料金プランについて、1つづつ見ていきましょう。

ソフトバンクの通話プラン

ソフトバンクの通話プランには3つの種類があります。それぞれの月額料金とプラン内容は、以下の通りです。

プラン名 月額料金 プラン内容
通話基本プラン 1,200円 国内通話20円/30秒
通話プラン準定額 1,700円 1回5分以内の国内通話し放題
通話プラン定額 2,700円 24時間すべての国内通話し放題

詳しいプラン内容を1つづつ見ていきます。

通話基本プラン

1つ目の「通話基本プラン」は、通話30秒ごとに20円かかります。

使った分だけ通話料金がかかりますが、逆に通話をほとんどしない方には最安の料金プランです。もちろん、LINE電話等は無料で通話できるので、節約しながらでも通話を楽しむことができます。

通話プラン準定額

2つ目の「通話プラン準定額」は、従量課金制プランと定額プランを半々にしたようなプランです。

1回5分以内の通話は定額でし放題ですが、1回5分以上の通話料金は30秒ごとに20円づつ課金されていきます。短時間での通話回数が多い方におすすめです。

通話プラン定額

3つ目の「通話プラン定額」は、24時間すべての国内通話がし放題となっています。

仕事やプライベートで電話をする機会が多い方は、いくら使っても定額のこちらの料金プランがぴったりです。

2年契約あり・なしでも料金が違う

ソフトバンクの3つの通話プランをご紹介しましたが、実は契約期間によっても料金が変わります。

通話プランの契約期間は、「2年契約(自動更新)」「2年契約(フリープラン)」「2年契約なし」の3つに分かれています。

「2年契約(自動更新)」は、2年ごとに契約更新される料金プランです。

「2年契約(フリープラン)」は、2年目以降は契約解除料がかからない料金プランです。最初の2年は縛りがありますが、それ以降はいつでも解除できます。

「2年契約なし」は、契約期間の縛りがなく、いつ解除しても契約解除料がかかりません。契約期間ごとの料金をまとめた表がこちらです。

プラン名 2年契約(自動更新) 2年契約(フリープラン) 2年契約なし
通話基本プラン 1,200円 1,500円 3,900円
通話プラン準定額 1,700円 2,000円 4,400円
通話プラン定額 2,700円 3,000円 5,400円

料金を見ていただくとわかりますが、「2年契約なし」<「2年契約(フリープラン)」<「2年契約(自動更新)」の順に料金が安くなっています。

その理由は、2年契約を条件にソフトバンクが割引をしているからです。

「2年契約なし」で契約後すぐに解約されてしまうと、ソフトバンクにとっては大きな痛手です。逆に、2年縛りで長く使ってくれるユーザーには、解約を心配せずに割引することができます。

「2年縛りがない方がいい」と思うかもしれませんが、通話料金を安くしたいなら「2年契約(自動更新)」か「2年契約(フリープラン)」がおすすめです。

これまでずっとソフトバンクを使っていて、これからもソフトバンクを使っていく予定の方には「2年契約(自動更新)」。今後他社に乗り換える可能性があるかもしれない方は、「2年契約(フリープラン)」がいいでしょう。

ソフトバンクのデータプラン

通話料金の次は、ソフトバンクのデータプランについて見ていきます。

データプランはいたってシンプルで、「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の2種類です。

ウルトラギガモンスター+

ソフトバンクの目玉プランといえるのが、この「ウルトラギガモンスター+」です。月額5,980円で50GBまで使うことができるので、1GBあたり119円という格安の料金プランとなっています。

さらに、対象サービスはデータが消費されないので、実質50GB以上使えるのです!

スマホヘビーユーザーにとっては、かなりお得な料金プランですね。対象サービスは以下の通りとなっています。

対象サービス

・YouTube
・AbemaTV
・TVer
・GYAO!
・Hulu
・LINE
・Instagram
・Facebook
・TikTok
・Twitter

主要なSNSサービスは網羅されているので、通信制限にかかる心配が一切ありません。

自宅にインターネット回線を引いていない方や、気兼ねなくネットを楽しみたい方におすすめの料金プランです。

ミニモンスター

月額料金をなるべく抑えたい方には、こちらの「ミニモンスター」がおすすめです。

ミニモンスターは、データ使用料に応じて料金が決まるので、使い方次第で今よりも月額料金を安くすることができます。

データ使用料と月額料金をまとめたものが、こちらの表です。

データ使用量 月額料金
~1GB 2,480円
~2GB 4,480円
~5GB 5,980円
~50GB 6,980円

見ていただくとわかりますが、5GB以上使ってしまうと「ウルトラギガモンスター+」よりも高くなります

ギガ単位で見ても、「ウルトラギガモンスター+」が1GB119円だったのに対し、「ミニモンスター」は1GB2,480円です。

現在のデータ使用量が1~2GB程度なら安くなりますが、2GB以上使うなら「ウルトラギガモンスター+」の方がいいでしょう。

「ミニモンスター」がおすすめなのは、自宅にネット環境がある方や、可能な限り月額料金を抑えたい方です。

ソフトバンクの割引キャンペーン

機種代金の割引とは別に、基本料金から割引されるキャンペーンもあります。

みんな家族割+

「みんな家族割+」は、家族でソフトバンクを使っていると割引されるキャンペーンです。

ソフトバンクを使っている人数によって割引価格が変わり、500円から最大2,000円まで割引されます!

家族でバラバラの携帯会社を使っている場合、みんなでソフトバンクにするだけでも節約することができるんです。

人数 割引額
1人 0円
2人 500円
3人 1,500円
4人以上 2,000円

同じ家で暮らす家族だけでなく、離れて暮らす家族や同居中の恋人、シェアハウスの仲間も適用対象です。周りにソフトバンクを使っている人がいないか、この機会に確認してみましょう。

注意点としては、割引対象は「ウルトラギガモンスター+」の月額料金です。「ミニモンスター」は割引対象外となるので、気を付けてください。

おうち割光セット

自宅のインターネット回線とスマホをソフトバンクにすると、永年毎月1,000円割引を受けられるキャンペーンです。

この記事を読んでいる方はソフトバンク携帯だと思うので、自宅のインターネット回線をソフトバンクにすれば割引が受けられます。

乗り換え対象は「ソフトバンク光」だけでなく、「SoftBank Air」や「Yahoo! BB ADSL」でも割引されます。

「みんな家族割+」にも言えますが、同じ会社のサービスを使った方が携帯も光回線も割引されやすいです。固定回線に特別こだわりがなければ、スマホ節約のために乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク最安プランの組み方

ソフトバンクの料金プランの種類や仕組みをご理解いただけたかと思います。

ここまでにご紹介したプランの中から、ソフトバンクの最安プランとおすすめ料金プランを組んでみました。

ソフトバンク最安料金プラン

プラン名 月額料金
通話基本プラン(2年自動更新) 1,200円
ミニモンスター 2,480円
ウェブ使用料 300円
合計 3,980円

ウェブ使用料とは、インターネットを使う上で必ずかかる料金のことです。

「みんな家族割+」や「おうち割光セット」を適用した方が安いですが、適用できない方もいると思うので、1人で契約する場合の最安料金プランを組みました。

通話をしないでデータ使用量2GBまでなら、上記最安プランで使用することができます。

ソフトバンクおすすめ料金プラン

最安プランは制限が多くて使いづらいと感じる方には、こちらの組み合わせがおすすめです。

プラン名 月額料金
通話基本プラン(2年自動更新) 1,200円
ウルトラギガモンスター+ 5,980円
ウェブ使用料 300円
合計 7,480円

通話はLINE電話を利用すればかけ放題なので、実質通話もネットも使い放題の料金プランです。

最安プランより3,500円高くなってしまいましたが、固定回線の月額平均4,000~5,000円が浮くと考えれば、総合的に見て最も安い料金プランと言うこともできます。

ソフトバンク料金プランの見直し方

月額料金を安くするためには、今現在自分がどのプランに加入しているか確認することが必要です。

この項では、料金プランの確認方法とプランの見直し方をご紹介します。

料金プランの確認・見直し方

ソフトバンク料金プランの確認方法

(1)「My SoftBank」にログインする
(2)トップページの「〇月ご請求」を押す
(3)「請求書をみる」を選択する
(4)「前月」を押すと、最大過去6ヶ月の請求金額が見れる
(5)請求書の中の「請求明細をみる」で料金プランが見れる

過去数ヶ月の利用状況を確認して、通話やデータ通信を平均どのくらい使っているのか確認します。料金プラン見直しのポイントは、「通話プラン」と「データプラン」です。

通話を全く使っていないのに「通話プラン定額」になっている場合や、通話をするのに「通話基本プラン」になっている場合は、プランを見直すべきです。

定額プランに変更することで逆に安くなる場合もあるので、自分の使用料に応じたプランの見直しが大切です。

ソフトバンク料金プランの変更方法

プランを見直してさらに安くできそうな方は、さっそく料金プランを変更しましょう。

料金プランは変更した翌月からの適用となります。申し込み日によって詳しい適用開始日が異なるので、ソフトバンクHPで確認してください。

ネットで料金プランを変更する

料金プランの変更方法

(1)My SoftBankにログインする
(2)右上のメニューから「契約・オプション管理」を押す
(3)「料金プラン」を選択する
(4)変更したいプランを選択する
(5)「変更内容を確認する」を選択する
(6)「同意する」にチェックして「申し込み」

変更する料金プランが決まっていれば、スマホで5分程度で終わります。

店舗で料金プランを変更する

ソフトバンクショップで料金プランを変更するには、本人確認書類が必要です。

本人確認書類は、ソフトバンクHPから確認できます。土日祝日は混雑するので、なるべく早い時間帯に行くのがおすすめです。

スマホヘビーユーザーならソフトバンクが最安!

ソフトバンクの料金プランの仕組みを解説しました。

少し難しく感じたかもしれませんが、組み合わせ次第では今よりも安くスマホを使うことができます。

毎月の通信費節約のためにも、この機会にソフトバンクの料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
こぶた
人生は選択の連続。その中でも、買い物は大切なお金を使う大事な選択です。このサイトは、日々の買い物の中で賢い選択をして、ちょっと良い生活を送れるための情報を発信していきます。スマートチョイス、スマちょ。