ソフトバンク

ソフトバンク「みんな家族割+」のサービス内容・条件を徹底解説|本当にお得か検証

今や、スマホは小中学生の頃から持つのが一般的になりつつあります。そのため、家族で同じ携帯キャリアを契約している方が多いのではないでしょうか。

家族で契約することで適用される家族割引は、携帯キャリアによって内容が違います。家族で数年間契約し続けることを考えると、家族割引の内容はとても大切です。

本記事では、ソフトバンクの「みんな家族割+」の割引内容を元に、本当に家族割引でお得になるのかを検証していきます。

ソフトバンク「みんな家族割+」とは?

この項では、ソフトバンクの家族割引である「みんな家族割+」のサービス内容を解説していきます。

契約人数によって割引額が変わってきますので、自分の家族はいくら割引になるのか考えながら読み進めてみてください。

みんな家族割+のサービス内容

ソフトバンクの「みんな家族割+」は、月額料金から割引が受けられるサービスです。

家族で指定プランに加入していると、最大2,000円の割引を毎月受けることができます。みんな家族割+の指定プランは、以下4つの料金プランです。

みんな家族割+の指定プラン
  • ウルトラギガモンスター+(データプラン50+)
  • ミニモンスター(データプランミニ)
  • ケータイ1GBプラン(データプラン1GB)
  • ケータイ100MBプラン(データプラン100MB)
人数 割引額
1人 0円
2人 500円
3人 1,500円
4人 2,000円

これだけ見ると、上記4つの料金プランに加入していれば家族全員が割引を受けられると思うでしょう。実は違うのです。

これを説明するには、みんな家族割+の「指定プラン」と「割引対象プラン」について説明する必要があります。

みんな家族割+の「指定プラン」と「割引対象プラン」

みんな家族割+の「指定プラン」と「割引対象プラン」は、以下のように定められています。

みんな家族割+の指定プラン
  • ウルトラギガモンスター+(データプラン50+)
  • ミニモンスター(データプランミニ)
  • ケータイ1GBプラン(データプラン1GB)
  • ケータイ100MBプラン(データプラン100MB)

上記が、みんな家族割+の指定プランです。家族の内、何人が指定プランに加入しているかによって月の割引額が決まります。続いて、割引対象となる料金プランです。

みんな家族割+の割引対象プラン
  • ウルトラギガモンスター+(データプラン50+)

実は、みんな家族割+で実際に月額料金が安くなるのはウルトラギガモンスター+だけなのです。

言い換えると、家族割+の対象となっている「ミニモンスター」「ケータイ1GBプラン」「ケータイ100MBプラン」は、割引額を決める数には入っているものの、月額料金の割引がされません

どういうことなのか、家族でソフトバンクを契約している例を見ながら説明していきます。

家族でソフトバンクに
乗り換える

みんな家族割+でいくら安くなる?

実際に、3人家族・4人家族でソフトバンクを契約したらいくら安くなるのかを見てみましょう。

3人家族の場合
  • 父:ミニモンスター
  • 母:ミニモンスター
  • 子ども:ウルトラギガモンスター+
  • 指定プランへの加入数:3人(回線)
  • 割引対象:子ども
  • 合計割引額:1,500円×1人=1,500円

まず最初に、父・母がミニモンスター、子どもがウルトラギガモンスター+に加入している場合です。

全員みんな家族割+の指定プランなので、指定プランの加入数は3人です。そのため、月々の割引額は表と照らし合わせて1,500円/月となります。

ですが、ウルトラギガモンスター+に加入しているのは子どもだけなので、割引が適用されるのは子ども1人です。そのため、みんな家族割+の割引額は1,500円×1人=1,500円となります。

4人家族の場合
  • 父:ウルトラギガモンスター+
  • 母:ウルトラギガモンスター+
  • 子ども1:ウルトラギガモンスター
  • 子ども2:ウルトラギガモンスター+
  • 指定プランへの加入数:4人(回線)
  • 割引対象:父・母・子ども1・子ども2
  • 合計割引額:2,000円×4人=8,000円

続いて、4人家族でソフトバンクを契約している例を見ていきます。指定プランへの加入数は4人なので、表と照らし合わせて割引額は2,000円/月です。

加えて、全員が割引対象のウルトラギガモンスター+を契約しているため、全員に割引が適用されます。みんな家族割+の割引額は、2,000円×4人=8,000円です。

全員がみんな家族割+の指定プランを契約していても、これだけ割引額に差が出ることがわかります。

家族でソフトバンクに
乗り換える

みんな家族割+の適用範囲

「みんな家族割+」という名前ですが、家族として適用される範囲は想像以上に広いです。

ソフトバンクが定める家族の定義は、一緒に住んでいる家族だけではありません。ソフトバンクでは、以下のような人たちもみんな家族割+の対象としています。

  • 遠くの親戚
  • 同居中の恋人
  • シェアハウスの仲間

血のつながりがなくても、一緒に住んでいる恋人やシェアハウスの友達も家族として認められているのです。それぞれ以下の必要書類があれば、家族としてソフトバンクのみんな家族割+の対象になることができます。

同居している家族・恋人・友達の場合
  • 同住所が確認できる、契約者それぞれの本人確認書類
離れて暮らす家族の場合
  • 契約者それぞれの本人確認書類
  • 家族であることがわかる「戸籍謄本」や「住民票記載事項証明書」(3ヵ月以内のもの)のいずれか

家族でソフトバンクに
乗り換える

みんな家族割+の申し込み方法

ソフトバンクのみんな家族割+に申し込むには、ソフトバンク店舗で必要書類を提出する必要があります。

必要な書類の数は、「初めて家族割を申し込む場合」と「家族割に家族を追加する場合」とで変わってきます。

初めて家族割を申し込む場合
  • 家族割引サービスに加入するすべての人の本人確認書類
家族割に家族を追加する場合
  • 家族割引サービスに加入する人の本人確認書類
  • 既に家族割引サービスに加入している人1名の本人確認書類

最初は書類の提出が面倒かもしれませんが、一度家族割引に申し込んでおけばあとは自動で割引されます。

月々の割引額は微々たるものでも、年間総額で考えると大きな割引額になるはずです。ぜひ、一緒に住んでいる恋人や家族と一緒にソフトバンクのみんな家族割+を活用してみてください。

家族でソフトバンクに
乗り換える

ソフトバンク・ドコモ・auの家族割引比較

家族割引は、ソフトバンクだけでなくドコモやauでも実施されているサービスです。

ドコモやauと比べて、ソフトバンクの家族割引はお得なのでしょうか?この項では、ソフトバンク・ドコモ・auの家族割引を比較してみました。

ドコモの家族割引

ドコモの家族割引は、「ファミリー割引」と「みんなドコモ割」の大きく分けて2つです。ファミリー割引は通話料金、みんなドコモ割は基本料金がお得になる家族割引となっています。

ドコモ
  • ファミリー割引:家族内の国内通話料が24時間無料
  • みんなドコモ割:家族の人数に応じて基本料金から割引

ソフトバンクには家族内通話が無料になるサービスはないため、家族で電話をする人にとってドコモはとてもお得です。

加えて、「みんなドコモ割」はギガホ・ギガライトどちらに加入していても、家族全員が割引を受けることができます。それぞれの割引額を見ていきましょう。

回線数 割引額
1回線 0円
2回線 500円
3回線以上 1,000円

ドコモの家族割引は、3人以上で最大1,000円の割引でした。ソフトバンクの最大割引額は2,000円なので、割引額で見るとソフトバンクの方がお得です。

ですが、家族割引の適用のしやすさではドコモの家族割引の方がお得といえます。ギガホ・ギガライトどちらに加入しても家族割引が受けられるため、家族全員が割引を受けられるような仕組みになっています。

auの家族割引

auの家族割引である「みんな家族割プラス」は、ソフトバンク同様人数に応じて月額料金が安くなるサービスです。対象プランは、以下の4つの料金プランとなっています。

au
  • サービス名:家族割プラス
  • 対象プラン:

    auデータMAXプラン Netflixパック

    新auピタットプランN

    auフラットプラン7プラスN

    auデータMAXプランPro
au auデータMAXプラン Netflixパック その他割引対象料金プラン
2回線 1,000円 500円
3回線以上 1,000円 1,000円

auの家族割プラスは、最大1,000円の割引となっています。auとソフトバンクの割引額を比較すると、最大2,000円割引になるソフトバンクの方がお得です。

ですが、ドコモ同様に対象となっている料金プランはソフトバンクよりも多いです。そのため、家族割引の適用されやすさではauの方が上といえます。

結論、最もお得な家族割引はこれ

ドコモ・au・ソフトバンクの家族割引を比較した結果、割引額が最も高いのはソフトバンクでした。

ドコモ・auが最大1,000円だったところ、ソフトバンクは2倍の最大2,000円も割引されます。月額1,000円の差でも年間12,000円も安くなることを考えると、ソフトバンクの割引額の高さは見逃せません。

一方で、ドコモ・auはソフトバンクよりも割引対象の料金プランが多い結果となりました。そのため、ソフトバンクよりも家族割引が適用されやすいともいえます。

家族でソフトバンクに
乗り換える

 

みんな家族割+は最大2,000円安くなる!

ソフトバンク・au・ドコモの家族割引の内容を見てきました。

月額2,000円も割引が受けられたり、血縁者以外も家族割引が適用されたり、従来の家族割引よりもお得なイメージが強くなったのではないでしょうか?

家族で別々の携帯会社を契約している方は、ぜひ家族全員でソフトバンクに乗り換えることをおすすめします。ドコモからソフトバンクにMNP乗り換えする方法や注意点を解説した、こちらの記事もご覧ください。

既に家族でソフトバンクを契約している方は、一度ソフトバンクの契約内容を見直してみてはいかがでしょうか。

ミニモンスターを使うよりも、ウルトラギガモンスター+の方がみんな家族割+で安くなるかもしれません。

家族でソフトバンクに
乗り換える

ABOUT ME
こぶた
人生は選択の連続。その中でも、買い物は大切なお金を使う大事な選択です。このサイトは、日々の買い物の中で賢い選択をして、ちょっと良い生活を送れるための情報を発信していきます。スマートチョイス、スマちょ。