格安SIM

ワイモバイルからソフトバンクへ安く乗り換える(MNP)方法!違いや料金を徹底比較

「ワイモバイルとソフトバンクって違うの?同じなの?」

この記事に辿り着いた多くの方は、こんな疑問を持っているかもしれません。実は、ワイモバイルとソフトバンクは全く別のサービスではなく、共通した部分もあるサービスです。

そのため、端末がそのまま使えるといった便利な点も多く、他のキャリアよりも乗り換えやくなっています。

そんなワイモバイルとソフトバンクですが、具体的にはどこが違い、どちらを契約すべきなのでしょうか?

本記事はそんな疑問を解決すべく、ワイモバイルとソフトバンクの違いを解説します。簡単に、それぞれの共通点と違いをざっとまとめてみました。

ワイモバイルとソフトバンクの共通点

・対象エリア
・通信速度
・店舗がある点

ワイモバイルとソフトバンクの違い

・ソフトバンクには最新iPhone・Androidがある
・ワイモバイルはテザリング無料

これらの違いを踏まえた上で、どちらのサービスがおすすめか解説していきます。

ワイモバイルからソフトバンクへ最大約4万円安く乗り換える方法もご紹介するので、気になる方はぜひ最後までご覧ください!

ワイモバイルとソフトバンクの共通点

全く違う名前のワイモバイルとソフトバンク。

実は、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドにあたります。ソフトバンクが親会社で、ワイモバイルが子会社という関係です。

そのため、全く違う名前のサービスでありながら、共通している点もいくつかあります。この項では、2つのサービスの共通点をまとめました。

速度・エリアはほぼ同じ

ワイモバイルは、親会社であるソフトバンクの通信回線を使っています。

そのため、ワイモバイルは格安SIMの1つでありながら、大手携帯キャリアとほぼ同じ品質の通信速度です。同じ回線を使っているため、提供エリア・対象エリアもほぼ同じです。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたからといって、極端に速度が遅くなったり電波が通じなくなったりすることはありません。逆もまた然りです。

携帯の乗り換えは不安な点も多いですが、乗り換えた後も同じように使えるというのは安心できますね。

2年縛り・解約金は同じ

格安SIMには最低利用期間、いわゆる2年縛りがない会社も多いです。

しかし、ワイモバイルには2年縛りの解約金が存在します。2年後の契約更新期間以外に解約や乗り換えをすると、解約金9,500円が発生してしまうのです。

なお、2019年に発表された新料金プランを契約した場合は、解約金が0円~1,000円です。ソフトバンクと同じ通信回線が使える反面、2年縛りの点でもソフトバンク同様となっています。

ワイモバイルの解約金を安くする方法と注意点について解説した記事もご覧ください。

ワイモバイルとソフトバンクの違い

親会社・小会社という関係ゆえに、意外な共通点があったワイモバイルとソフトバンク。

この項では反対に、ワイモバイルとソフトバンクの違いをまとめました。

料金プランが違う

ワイモバイルとソフトバンクの大きな違いは、料金プランです。

ソフトバンクは「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+」という2つの料金プランから選べます。ミニモンスターは使った分だけ支払うプラン、ウルトラギガモンスター+は50GBまで使い放題のプランです。

一方のワイモバイルは、スマホプランS・M・Rの3種類に分かれています。前から順番に、3GB・9GB・14GBまで使える料金プランです(※)。

使えるギガ数も料金も異なるため、普段使っている通信量から選ぶのがいいでしょう。
ワイモバイルの料金プランの種類とおすすめの選び方について解説した記事も、合わせてご覧ください。

※「データ増量無料キャンペーン2」適用前の通信容量。

端末の種類が違う

料金プラン以外に大きく異なるのは、取り扱っている端末の種類です。ワイモバイルよりもソフトバンクの方が、最新スマホの取り扱いが多い傾向にあります。

これはワイモバイルに限った話ではなく、格安SIM全般にいえることです。大手キャリアが最新のiPhone・Androidを販売できるのに対し、格安SIMは型落ちモデルが大半です。

特に最新iPhoneは格安SIMでは販売されていないため、iPhoneユーザーにはソフトバンクの方が向いているかもしれません。

メールアドレスが違う

ワイモバイルとソフトバンクは、それぞれ独自のメールアドレスを持っています。独自のメールアドレスとは、@以降にymobileやsoftbank等が入っているメールのことです。

これらは契約者だけが利用できるものなので、携帯を乗り換えたり解約したりすると使えなくなります。

ワイモバイルからソフトバンク
に乗り換える

乗り換えで最大39,500円割引を受けられる!?

携帯を乗り換えると、違約金や事務手数料といった費用がかかるのが一般的です。

しかし、ワイモバイルからソフトバンク乗り換えでは、違約金どころか最大39,500円も割引を受けることができるんです。

割引を受けためには、「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」を利用します。

特典内容

(A)通信料金割引特典:1,000円×24ヶ月割引
(B)一部事務手数料免除特典:0円

ワイモバイルから他社に乗り換えると、通常以下の費用がかかります。

転出費用 12,500円
新規契約事務手数料 3,000円
合計 15,500円

乗り換えだけで15,500円かかるところ、このプログラムを使えば無料になります。

加えて、特典(A)で24,000円(1,000円×24ヶ月)が通信料から割引されるので、15,500円+24,000円で合計39,500円もお得です。キャンペーンの適用条件を見てみましょう。

特典A適用条件

・ワイモバイルからソフトバンクへの電話移行であること
・ワイモバイルを解約せず、ソフトバンクへの番号移行手続きを行うこと
※法人契約およびシンプルスタイル(プリペイド携帯電話)契約は対象外

特典B適用条件

・特典Aの適用条件を満たした上で、ソフトバンクの機種が4Gスマートフォン(USIM単体含む)であること
・ウルトラギガモンスター+に加入すること

見ていただくとわかるように、乗り換えるほとんどの方が当てはまる簡単な条件になっています。

一点注意していただきたいのが、特典Bの条件です。15,500円の割引を受けるためには、「ミニモンスター」ではなく「ウルトラギガモンスター+」への加入が必要なので、注意してください。

ワイモバイルからソフトバンク
に乗り換える

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える方法

乗り換えには、現在契約している会社を転出し、乗り換え先の会社に転入する必要があります。

つまり、ワイモバイルで転出手続きをし、ソフトバンクで転入手続きをする、という流れです。手続きの流れや必要なものを掲載したので、しっかり確認して乗り換えましょう。

ワイモバイルで転出手続きをする

今の電話番号を使って他社に乗り換えることを、MNP(ナンバーポータビリティ)といいます。

MNPで乗り換えるには、ワイモバイルで「MNP予約番号」を発行してもらい、その番号を使ってソフトバンクで手続きをするという流れです。

乗り換えが完了した時点でワイモバイルは自動解約になるので、別途解約手続きをする必要はありません。

MNP予約番号の発行は、電話・店舗・ネットどこでもできますが、受付時間が決まっているので注意してください。各窓口の受付時間は以下の通りとなっています。

窓口 機種 予約番号受付時間
店舗 スマホ 20:00まで
電話(カスタマーセンター) スマホ・ガラケー 9:00~20:00(年中無休)
ネット(My Y!mobile) スマホ

ガラケー
9:00~20:00

ネットから解約する場合も、24時間ではなく9:00~20:00受付です。

また、ガラケーは店舗でのMNP手続きはできませんので、電話かネットから行いましょう。

ソフトバンクで転入手続きをする

ワイモバイルでMNP予約番号を受け取ったら、ソフトバンクで転入手続きを行います。

MNP予約番号には有効期限があり、期限を過ぎると再度取得しなければなりません。ソフトバンクに乗り換える場合は、発行から15日以内に手続きをしてください。

乗り換え手続きは、ソフトバンクオンラインショップか店舗で行います。どちらで手続きをする場合でも、以下のものを用意しておきましょう。

必要なもの

乗り換え手順は、大きく4つのステップに分かれています。

乗り換え手順
  1. 機種の選択/受け取り方法の指定
  2. 申込み:料金プラン・個人情報入力
  3. 審査
  4. 受け取り・初期設定(出荷完了から3営業日程度)

基本的には画面に従って選択・入力するだけなので、難しいことはありません。

商品の受け取りは、店舗と自宅から選ぶことができます。初期設定等が不安な方は、店舗受け取りがおすすめです。

ワイモバイルからソフトバンク
に乗り換える

ワイモバイルからソフトバンク乗り換えの注意点

乗り換えの注意点はたったの2つです。記事前半にもお伝えした内容になりますが、ざっと目を通しておきましょう。

MNP予約番号の期限に注意

電話番号そのままで乗り換えるには、「MNP予約番号」を取得する必要があります。

このMNP予約番号には有効期限があり、ソフトバンクに乗り換える際には、発行から15日以内の手続きが必要です。

よくあるのが、現住所と一致している身分証が手元になく、有効期限以内に乗り換えできなかったという場合です。乗り換えに必要なものが揃った段階で、MNP予約番号を取得しましょう。

万が一有効期限が切れてしまっても、無料で再取得することができます。二度手間にはなってしまいますが、再取得すれば乗り換えできるので、安心してください。

ワイモバイルメールは使えなくなる

ワイモバイルの独自メールアドレスは、解約や乗り換えをすると使えなくなります。

ソフトバンクにも独自のメールアドレスはありますが、Yahoo!メールやGメールといった無料メールを使うのがおすすめです。

無料メールであれば、どこに乗り換えても使い続けることができるので、メールを移す等の手間がありません。

ワイモバイルからソフトバンク
に乗り換える

オンラインショップなら最大限安く乗り換え可能!

ワイモバイルとソフトバンクの違い、乗り換え手順をご紹介しました。

「ネットで乗り換えって難しそう」と感じていた方も、意外と簡単に思えたのではないでしょうか?

ネット乗り換えの場合も、手続き自体は店舗とほとんど変わらないので、そこまで構えなくても大丈夫です。

本記事を参考に、ネットを活用してソフトバンクにお得に乗り換えましょう!

ワイモバイルからソフトバンク
に乗り換える

ABOUT ME
こぶた
人生は選択の連続。その中でも、買い物は大切なお金を使う大事な選択です。このサイトは、日々の買い物の中で賢い選択をして、ちょっと良い生活を送れるための情報を発信していきます。スマートチョイス、スマちょ。