ソフトバンク

ソフトバンクの通信制限を解除する方法|通信制限にかかる原因・対策法・解除料金

スマホで動画を見たりゲームをしたりすると、あっという間に通線制限にかかってしまいます。

今までサクサク見れていたサイトが見れなくなるのは、なんともいえないストレスですよね。

通信制限にかかってしまった場合、速度はどのくらい遅くなるのか、解除されるまでどのくらい待てばいいのでしょうか。

忙しい方のために、本記事の内容を簡単にまとめたものをご紹介します。

・通信制限にかかる原因は、月間データ量以上のギガを使ったとき
・通信制限を解除するには「翌月まで待つ」か「ギガを追加する」
・通信制限の対策は「Wi-Fi利用」「動画は低画質」「プラン見直し」

通信制限にかかった時にできることや、詳しい解除方法を知りたい方はこのまま記事をご覧ください。

この記事を参考にして、一緒にソフトバンクの通信制限を乗り越えましょう!

ソフトバンクで通信制限にかかる原因

そもそも、ソフトバンクで通信制限にかかるのは何故なのでしょうか。

まずは、通信制限にかかってしまう原因を大きく2つに分けて解説します。

月間データ通信量を超えた場合

ソフトバンクで通信制限にかかるたった1つの原因は、月間データ通信量を超えてしまった場合です。

月間データ使用量とは、「1ヶ月で◯◯GB」と定められているギガ数のこと。ソフトバンクの場合、「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」という2つの料金プランがあります。

どちらのプランも上限は50GBとなっているので、1ヶ月で50GB以上使った場合のみ通信制限にかかります

ちなみに、ドコモ・auのデータ定額パックの上限は30GBなので、3キャリアの中ではソフトバンクが最も通信制限にかかりづらいです。

さらに、ウルトラギガモンスター+の場合、YouTubeやLINE等の対象サービスはデータ消費されません。

つまり、月間50GB以上使っても通信制限にかからないため、ソフトバンクで通信制限にかかることはほぼ無いといっていいでしょう。

3日間のデータ使用量に制限はない

ソフトバンクで通信制限にかかる原因は、月間のデータ使用量を超えてしまった場合だけだとお伝えしました。

実は、「3日間で◯◯GB以上使用すると通信制限にかかる」というルールを設けている会社もあるんです。

例えば、auでは3日間で6GB以上使うと一時的に通信速度が遅くなり、制限開始から24時間後に通信制限が解除されます。以前のソフトバンクにもこのようなルールがありましたが、撤廃されました。

月間50GBまで通信制限がかからないソフトバンクなら、思う存分インターネットや動画視聴を楽しむことができますね。

通信制限がかかるとどのくらい遅くなる?

通信制限にかかりづらいソフトバンクですが、かかってしまった場合はどのくらい遅くなるのでしょうか。

通信制限にかかると、送受信時の通信速度は約128kbpsに落ちます。約128kbpsの通信速度は、WEBページの読み込みにかなり時間がかかり、動画等はまともに再生できないレベルです。

メールやLINEの送受信にはそこまで不都合はないですが、TwitterやInstagram等のSNSになると、画像の重さや時間帯によって読み込みに時間がかかることもあります。

通信制限時にかなり難しくなるのは、動画の視聴やアプリゲームです。動画の画質を落としたとしても、途切れ途切れで読み込みまでに時間がかかるのでかなりストレスになるでしょう。

ゲーム自体スマホの中では重い処理に分類されるので、アプリが落ちてしまったり途中で通信が切れてしまったりすることが予想されます。

誰かと連絡を取り合うのに支障はありませんが、SNSや動画、ゲームは通常よりも時間がかかるor難しいと考えた方がいいでしょう。

ネット使用時間とデータ消費量の目安

ソフトバンクは通信制限にかかりにくいですが、普段どの程度ギガを消費しているのか知ることは大切です。

特にミニモンスターの場合、50GBまで使用してしまうとウルトラギガモンスター+よりも高くなってしまいます。

月々のスマホ代を節約するためにも、データ使用量の目安を把握しておきましょう。1GBでできることを簡単にまとめたのでご覧ください。

1GBでできること

・LINEのメッセージ送信:約52万回
・LINEの音声通話:約58時間
・Gmailでメール送信:約341通
・WEBサイト閲覧:約4,339回
・YouTubeの動画視聴(低画質):約8.3時間
・YouTubeの動画視聴(最高画質):約30分

たった1GBでも、LINEのメッセージやメールの送受信は数千~数万回はできます。LINE電話なら約58時間も通話できるので、LINEメインの使用なら1GBでも事足りるでしょう。

一方で、データ使用量が最も多かったのは動画視聴です。YouTubeの低画質動画でも約8.3時間、最高画質動画だと約30分で1GBを消費してしまいます。

なるべくギガを節約したいのであれば、動画の視聴は極力控え、Wi-Fi環境下での視聴や低画質での視聴がおすすめです。

ソフトバンクのデータ通信量確認方法

多くの方がLINEにWEBサイト閲覧、動画視聴といった複数のサービスを使用していると思います。

自分が今現在どのくらいデータを使っているかは、My SoftBankのサイトかLINEで確認することが可能です。

My SoftBankのサイトでの確認方法

▼My SoftBankにアクセスし、「メニュー」を開きます。

▼カテゴリの「使用量の管理」をタップします。

▼利用状況の「詳細をみる」をタップします。

▼「データ量の詳細」に使用量と残量が記載されています。

LINEでの確認方法

ソフトバンク公式アカウントと友達になれば、LINEでデータ使用量を簡単に確認することができます!

▼「LINEでかんたん確認」を選択し、「My SoftBankとの連携はこちら」を選択します。

▼電話番号とパスワードを入力し、「ログイン」を選択します。

▼「同意する」を選択します。

▼「My SoftBankと連携する」を選択します。

▼My SoftBankと連携が完了しました。

▼トーク画面に戻り、「LINEでかんたん確認」で「データ量」を選択します。

▼残りのデータ量とデータがリセットされる日にちが記載されています。

ミニモンスターを契約している方は、データ使用量をこまめに見ながらギガを節約していきましょう。

ソフトバンク通信制限を解除する方法

万が一ソフトバンクで通信制限にかかってしまった場合、どのように解除すればいいのでしょうか。

この項では、通信制限の解除方法を2つに分けてご紹介します。

翌月の速度制限解除まで待つ

通信制限を解除する最もシンプルな方法は、翌月の通信制限解除まで待つことです。

速度制限の自動解除日は携帯料金の締め日(支払日)によって異なります。

締め日(支払日) 低速化した日 通常速度に戻る日
末日締め
(毎月1日 ~ 末日)
当月1日 ~ 末日
(例:5月1日 ~ 5月31日)
翌月1日
(例:6月1日)
10日締め
(毎月11日 ~ 翌月10日)
当月1日 ~ 10日
(例:5月1日 ~ 5月10日)
当月11日
(例:5月11日)
当月11日 ~ 末日
(例:5月11日 ~ 5月31日)
翌月11日
(例:6月11日)
20日締め
(毎月21日 ~ 翌月20日)
当月1日 ~ 20日
(例:5月1日 ~ 5月20日)
当月21日
(例:5月21日)
当月21日 ~ 末日
(例:5月21日 ~ 5月31日)
翌月21日
(例:6月21日)

締め日(支払い日)はMy SoftBankや請求通知メールから確認できます。

もしくは、LINEでデータ使用量を確認すれば、通信制限が解除される日にちも一緒に記載されています。

「LINEでかんたん確認」をタップすると、「リセット日」という名前で通信制限の解除日がわかります。

電話・ネットからギガを追加する

もう1つの通信制限解除方法は、ギガを追加購入することです。

通信制限にかかった場合、「快適モード」と「制限モード」という2つのデータ追加方法があります。

快適モードでギガを追加する方法

「快適モード」の場合、月間のデータ使用量を超えても通信制限にかからず、自動課金でギガが追加されていきます

1GBごとに1,000円自動的に課金されていきますが、課金の上限回数を設定することも可能です。通信制限にかからずネットを楽しみたい方にとっては、いちいちギガを追加する手間がないので便利ですね。

制限モードでギガを追加する方法

制限モードは、月間のデータ使用量を超えると最大128kbpsに制限がかかるモードです。

快適モードと違って自動でギガが追加されないため、自分でギガを追加購入する必要があります。低速でも十分楽しめる方や、自分でギガを追加するか決めたい方におすすめです。

制限モードの場合は、0.5GB追加で550円、1GB追加で1,000円となっています。ギガの追加はMy SoftBankから行うことができ、購入したギガは翌月末まで使うことが可能です。

ソフトバンク通信制限解除の注意点

電話やネットからギガを追加購入する場合、支払が遅れているとギガを購入することができません

通常の料金支払が滞っているのに、さらに滞納料金を増やすことはできないからです。速やかに滞納料金の支払いを終えれば、自然とギガを追加購入できるようになるでしょう。

通信制限にかからないための対策方法

通信制限にかからないための対策として、データ使用量を減らす方法をご紹介します。

データ使用量を抑えてスマホ料金を節約したい方も、ぜひ参考にしてください。

無料Wi-Fiスポットを利用する

ギガを節約するためには、無料Wi-Fiスポットを上手に活用するのがおすすめです。無料Wi-Fiスポットとは、一時的にインターネットが無料で使える場所を指します。

コンビニやカフェでは無料Wi-Fiが使える場所が多く、その場合は店内や入り口に無料Wi-Fiのシールが貼られています。

指定されたSSIDとパスワードを入力すれば接続できるようになっているので、Wi-Fiスポットを見つけたら使ってみましょう。

光回線・WiMAXを契約する

わざわざ無料Wi-Fiスポットに行くのが面倒という方は、光回線やポケットWi-Fi(WiMAX)を契約してみてはいかがでしょうか。

光回線は定額でインターネットが使い放題になる上、通信環境が安定しているというメリットがあります。自宅に光回線を引いておけば家族もネットが使える他、テザリングいらずでPCもネットに接続できます。

家でも外でもネットを無制限に使いたいなら、ポケットWi-Fi(WiMAX)がおすすめです。7GBまでのプランとデータ量無制限のプランがあるので、こちらもデータ容量を気にせずネットを楽しむことができます。

動画は画質を落として視聴する

前述の通り、ギガを最も消費するのは動画の視聴です。

動画をなるべく見ないに越したことはありませんが、見る際は画質を落とすと消費するギガ数を抑えることができます。

YouTubeでは、再生画面の歯車の設定画面をタップすると、「自動」「144p」「240p」「360p」「480p」「720p」から画質の変更が可能です。

数字が大きいほど画質は良くなるので、ギガの消費を抑えたいなら「144p」や「240p」にしましょう。

ソフトバンクの料金プランを見直す

頻繁に通信制限にかかってしまうようなら、そもそもの料金プランの見直しが必要かもしれません。

通信制限をストレスを感じたり、ギガを追加して逆に月額料金が高くなったりするなら、ウルトラギガモンスター+にプラン変更するのがおすすめです。

ウルトラギガモンスター+なら月間50GBまで使える上に、主要なSNSサービスはデータを消費しないため、滅多なことでは通信制限にかかることはないでしょう。

ソフトバンクの料金プランについては、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

ソフトバンクで通信制限にかかってしまう原因と対策について解説しました。

最後に、本記事の内容を簡単にまとめたものを確認しておきましょう。

・通信制限にかかる原因は「月間データ量超過」「3日間で10GB超過」
・通信制限を解除するには「翌月まで待つ」か「ギガを追加する」
・通信制限の対策は「Wi-Fi利用」「動画は低画質」「プラン見直し」

通信制限について理解を深め、ソフトバンクで快適にネットを楽しみましょう!

ABOUT ME
こぶた
人生は選択の連続。その中でも、買い物は大切なお金を使う大事な選択です。このサイトは、日々の買い物の中で賢い選択をして、ちょっと良い生活を送れるための情報を発信していきます。スマートチョイス、スマちょ。